toggle

ラグのサイズの選び方

リビングやダイニング、ベッドルームなどラグを活用できる空間は様々です。下記をご参考に、お部屋と用途に合わせたサイズをお選び下さい。

リビング

140cm×200cm の使用例

2人掛けソファの前にアクセントラグとしてお使いいただく場合は140cm×200cmがおすすめです。

200cm×200cm の使用例

3人掛けソファと合わせてフロアラグとしてお使いいただく場合のイメージです。

あるいは、カウチソファと合わせてお使いいただく場合も、空間をゆったりと活用できます。

170cm×240cm の使用例

間取りによっては長方形サイズの方が使いやすいです。170cm×240cmは図のようなリビング空間におすすめです。

ダイニング

140cm×200cm の使用例

小型の2人掛けのダイニングにおすすめのサイズです。

200cm×200cm の使用例

4人掛けのダイニング空間にお使いいただく場合のイメージです。お使いいただくダイニングテーブルの幅が140cm程度までの場合は、200cm×200cmが適しています。

170cm×240cm の使用例

同じ4人掛けのダイニングテーブルでも、140cmを越えるような場合は、長方形のラグの方が空間に馴染みます。ダイニング空間はいずれも、椅子を引いた際にはみ出さないゆとりのあるサイズ感をお選びいただく事をおすすめいたします。

ベッドルーム

140cm×200cm の使用例

ベッドサイドには140cm×200cmのラグの使用がおすすめです。

ライフスタイルによるラグの機能と役割

フロア中心のライフスタイル

床に座る日本的なライフスタイルの場合には、ソファの下にラグを敷き込み、テーブルのまわりにも座れるように余裕を持たせたサイズをお選びください。

ソファ中心のライフスタイル

ソファ中心の生活の場合には、テーブルの下にアクセントとして敷けるサイズをお選びください。ソファと同等程度の幅がある方が、空間のバランスがよくなります。

ゾーニング

LDKのスペースにラグを置くことで、空間を視覚的に分けて広い空間をゾーニングすることができます。

その他

ラグの上にソファを乗せるべきかどうかというご質問をよく頂きます。ご使用いただく環境にもよりますが、ソファを乗せることでラグの上を歩いた際に滑り止めの効果が得られます。

ラグのご注文はこちらからどうぞ

麻のラグ

夏そびくの麻のラグは、オンラインショップ上でご選択いただける規格サイズの他にも、オーダーで製作することが可能です。お部屋に合わせてサイズを変更したい場合にはお気軽にご相談ください。